婦人

プロに適切な処理を任せよう|産業廃棄物処理にも役立ちます

産業廃棄物の処分

作業員

業務過程で発生してしまった産廃を処分する方法は、主に2つ挙げられます。まず一つが、業者に依頼して処分を一任することです。こちらは頻繁な処理が必要ない場合に最適です。そしてもう一つが、破砕機を導入して自社による処分を行うことです。

もっと読む

適正処理が大切です

廃品

産廃処理は、不法投棄などが大きな問題になっているので、各企業が社員に正しい教育を行っていくことが大切です。そのうえで、処理方法についても、うまく再利用したり、まとめて処理する等の工夫をすることで、少し手もコストを削減して環境負荷を減らすことが必要です。

もっと読む

専門の業者に依頼

粗大ゴミ

処理業者を利用する

産業廃棄物は、事業を行う上では出てしまうことの多いゴミなどのことを言います。この業務上で発生する産業廃棄物ですが、事業主が処理をするように義務付けられています。しかし産業廃棄物の処理に関してノウハウを持っていない企業も多く存在します。どこかに放置しておくわけには行きませんし、事業主には責任があります。そのため、産業廃棄物処理を行う専門の業者に依頼して処理を行ってもらうことは認められています。産業廃棄物処理をしてもらう際には、都道府県知事や市長などから許可を得た処理業者に頼む必要があります。処理の方法には決まりがあるので、正しい処理方法を知っている産業廃棄物処理のプロに任せることで、環境に配慮して処理が行われます。

メリットも多くなります

産業廃棄物処理や、処理施設には厳格なルールが存在します。自らの会社でそれを行うことは許可を得ることも含めて難しく、時間やコストもかかってくるため、多くの法人が専門の業者に廃棄を依頼します。専門業者は廃棄処理に特化した仕事をしているため、間違いもなくスムーズに廃棄を行ってくれます。長く置いておくと腐ってしまうものなどでも素早く引き取りに来てくれるため、急いでいる時にも役立ってくれます。また処理業者はその地域の廃棄物処理を一手に請け負っているので、コストも安く済みます。依頼する側にとっても、あまり経費をかけずに利用しやすくなっています。リサイクルしなければならないものについてはきちんと教えてくれるので、法律を守って廃棄処理を行えます。

ガレキを選別する機械とは

不要品

ガレキ選別に用いる機械には、回転式と振動式があります。回転式には回転体が円形である場合と六角の場合があり、振動式では網の種類が通常の金属・ウレタン・ジャンピングスクリーンがあります。ガレキ選別機は種類が穂風でそれぞれメリットもデメリットもあるので、選別するものに合った機械の種類を選ぶことが大切です。

もっと読む