作業者

プロに適切な処理を任せよう|産業廃棄物処理にも役立ちます

産業廃棄物の処分

作業員

企業活動の中で発生した産業廃棄物は、法律に則って適正に処分することが必要になります。産廃を不法投棄した場合には法律によって厳しく罰せられ、企業の社会的信用が失墜するので、十分に注意をすることが必要です。企業が産廃を処分する際には、産業廃棄物処理業者に処理を委託するのが一般的です。産業廃棄物処理業者は産廃を破砕のうえ適正に廃棄してくれるので、処分を一任することができます。企業が産業廃棄物処理業者を選ぶ際には、信用のおける業者を選ぶことが極めて大切です。産業廃棄物処理業者が不適正に産廃を処理した時には、産業廃棄物処理業者に処理を委託した企業も罰せられます。産業廃棄物処理業者を選ぶ際には必ず現地確認を行い、適正に産廃を破砕しているかを自分の目で確認するようにします。

業務によって発生した産廃は、もちろん自社で破砕し処分することも可能です。ただ産廃の多くはプラスチックや木材など固い材料を使用した廃材となるため、専用の破砕機が必要となるでしょう。頻繁に産廃が出ない場合は業者への委託がコスト削減になりますが、産廃が頻繁に出る場合だと破砕機の導入がベストです。破砕機は工業機器専門の製造・卸業者に申し込むことで購入することが出来ます。年契約のリースも可能な場合が多いので、導入してみてから判断してもよいでしょう。取り扱う産廃の材質や硬度に応じて破砕機の性能を選ばなければいけないため、わからないことがあれば業者に相談してみるのが最適です。