作業者

プロに適切な処理を任せよう|産業廃棄物処理にも役立ちます

適正処理が大切です

廃品

種別を理解することです

最近は環境に配慮したゴミの処理の仕方が大切になってきているので、各業者は正しい知識を身につけることが必要です。昔のように、燃えるゴミと燃えないゴミだけでなく、リサイクルできるものが増えているので、その内容はより知ることが重要です。不法な産廃処理は一企業が行うと、他の業者も同じようにしてしまう可能性があるので産廃処理の専門業業者は特に高い法的意識と倫理観をもつ事が必要です。もちろん役所なども発注者として厳しい目で建設業者を監督して、問題が感じられる場合は指導していくことが必要でしょう。特に再利用可能な物は、できる限り再生処理するのが望ましいので、発注者も建設現場で発生するものについて、正しく選定できるようになることが必要です。

捨て方の工夫は重要です

産廃処理は、処理費用にお金がかかることが一番のネックなので、出来るだけコストを削減することが大切です。そのためには、建設現場などで発生した廃棄物を自分たちの会社の一時的なストックヤードなどに仮置きして、他の現場で発生したものと一緒にまとめて産廃処理をする方法は有効です。そうすることで、ダンプトラックで運ぶ回数を減らすことができるので運搬費用の削減が可能です。また、混合廃棄物は、一般的に処理費用が高いので、一旦仮置きして、工事などが無くて従業員が暇な時に、自分たちで選別作業をする方法もあるでしょう。また、当初は産廃処理の予定だったものを、現場でうまく再利用することができると一番良いです。環境的にも会社の利益的にもベストなので、現場の監督は常にそのようなことを考えて業務に取り組むことが大切です。